2008/05/30

音楽

昨日のTOKUZOでのライヴ、平日のお忙しい中ご来場して下さった皆様、ありがとうございました。


気付きの多い有意義な一日になりました。


・・・

想うのです。


速弾きが凄いとか、技術がどうとか、

うわべな部分はどうだっていい。



その場に居合わせた人だけが感じる事が出来る…録音しても入ってない…

そこが一番大事で、そここそが 音楽 なのだ。


確信させてもらいました。


そして、そこを深めるべく精進していこうと思うのです。









そして、いつも悩んでたパカワジのマイキング…激変しました。

知人のミュージシャンもびっくり!



長年お世話になってる、素晴らしいギタリストでもある臼井さんのPA技術に感謝。


SHUREのアイソレーション・マウントA55Mを使用したのも大正解だったようです。

アイデアをくれた天白区のスタジオ” ネットワーク ”の手島さんに感謝。




マイクスタンドからマイクに伝わる振動を変える(抑える)役目があるようです。

こんな小さなパーツなんだけど、タブラ、ジャンべ、コンガなど、すべての太鼓奏者にお勧めです☆


お試しアレ








〜知恵〜

皆、ひとりでやって来て、ひとりで去って逝く…



と思い、皆が同じ境遇なのだと感じた瞬間、どんなにやさしい世界が広がるでしょう…




2 件のコメント:

Steven さんのコメント...

アイソレーション・マウント、いいね。

そっちのほうがかなりコンパクトだね。
俺も、最近アイソレーション・マウントを持っているけど、だいぶ大きい。

臼井さんの技術な間違いないよね (^v^)

また、今度見に行きます。

テツヤ さんのコメント...

〒 stevenさん

アイソレーション・マウント持ってるんだ…
だいぶ大きい?ってそんなに種類あるんだね。
俺は、最近まで存在すら気にとめてなかったよ。

臼井さんには今回もお世話になりました。

今度、エレキギターでソロをやるんでそれも見に来てね。